河川の洪水予報と水位の関係

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

なお、河川洪水予報は重要な情報ですので、本サイトでは、予報文の中の見出し(洪水予報の内容を理解しやすくするために40文字以内に簡潔に記した注意・警戒文)を都道府県概況図や市町村概況図など随所に表示しています。 ちなみに 氾濫危険水位は、 いつ氾濫してもおかしくない状態避難等の氾濫発生に対する対応を求める段階だそうです。 水位危険度レベル 水位の名称等 (参考)旧名称 レベル5 氾濫の発生 氾濫の発生 レベル4 氾濫危険水位 危険水位 レベル3 避難判断水位 特別警戒水位 レベル2 氾濫注意水位 警戒水位 レベル1 水防団待機水位 通報水位・指定水位 なお、この改善にあわせて、も、指定河川洪水予報と同じ名称を用いて発表することとし、受け手が河川の種類にかかわらず統一的な対応をとることができるようにしました。

12

港区ホームページ/高潮氾濫危険水位の設定について

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

これを「指定河川洪水予報」と呼んでいます。 対象となる河川には2種類あり、 国土交通省が指定した河川と 都道府県が指定した河川に分けられます。

6

高潮氾濫危険水位(高潮特別警戒水位)の設定及び運用|東京都

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

まずは国土交通省が公開している「 」です。 自治体にも温暖化の影響を考慮するよう促しており、都道府県管理河川の計画見直しにつながる可能性がある。

5

避難の心得(水害・河川氾濫編)

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

高潮氾濫危険情報発表前に、気象庁が発表する高潮警報等に伴い、区が避難情報等を発表することが想定されるので、あらかじめ区から出される避難情報等に注意し、避難行動をとっていただくようよろしくお願いします。 *「洪水予報指定河川」 二以上の都府県の区域にわたる河川その他の流域面積が大きい河川で洪水により国民経済上重大な損害を生ずるおそれがある河川として国土交通大臣が指定したもの、もしくはその他の流域面積が大きい河川で洪水により相当な損害を生ずるおそれがある河川として都道府県知事が指定したもの。

9

高潮氾濫危険水位(高潮特別警戒水位)の設定及び運用|東京都

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

水位低下につながる遊水池の設置や河道の掘削といった対策について「早急に進める必要がある」と訴える。 あらかじめハザードマップを確認し、避難の方法を確認しておきましょう。

4

計画高水位の意味や読み方は?氾濫危険水位の違いを調べました!

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

河川の情報を知る方法はいくつかあります。

「氾濫警戒情報」や「氾濫危険水位」とは? 洪水予報と基準水位(THE PAGE)

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

洪水の時にはすぐに浸水してしまう、低い場所でこれまでに河川の氾濫や洪水などで水の通り道が変わったり、砂や石が堆積してつくられた平野です。 複合基準 上流域で降った雨と、対象地域の降雨の双方の影響が重なって発生する洪水害を想定して設定された基準。 また、事前に、地元自治体等が公表している「浸水想定区域図・洪水ハザードマップ」などをあらかじめ確認し、お住まいの地域において災害が想定されている区域や避難先、避難経路を把握しておくことも重要です。

1

氾濫危険水位と水害

危険 水位 氾濫 危険 水位 氾濫

九州は他地域より豪雨が多かったため、全国に占める割合が高まった可能性が高い。 ・堤防が壊れると水が一気に流れ出して、激流で住宅や人が流されます。 その結果、豪雨の際には浸水、倒壊といった被害が起こりやすくなっています。